Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
Goody Goody Oldies Vol.229 - I just want to tell you, how wonderful pop music is!
Issue Date: 11/23/2010
Vol.229 No.1 (Serial No.3969)
THE JACKSONS / 僕はゴキゲン
EICP 1200
ENJOY YOURSELF / 僕はゴキゲン
3:25 1976
THE JACKSONS
THE JACKSONS / 僕はゴキゲン
[K. GAMBLE / L. HUFF]
更新されてます!誰も気づかないだろうけど(^^;) ガタ落ちの更新ペースに伴って買うペースも・・・だと良いのですが、でもチョットは抑えてるかな、別の意味で(^^;)。さて、1曲目は明るくいきましょう♪ スリラー世代の私には、今までマイケルのジャクソンズ時代には疎く、この紙ジャケ発売をきっかけに漸くちゃんと聴く機会を掴んだのですが、良いっすね〜! 昨年すぐ廃盤になって今年は大量に(?)再発されたようなので先ず始めにこの1枚、どうぞお楽しみください♪という感じです。この曲はファースト・シングルで全米チャート最高6位を記録。
Vol.229 No.2 (Serial No.3970)
BREAD (BREAD ORIGINAL ALBUM SERIES)
8122 79835 5
IT DON'T MATTER TO ME / 気にしないで
2:43 1970
BREAD
BREAD (BREAD ORIGINAL ALBUM SERIES)
[DAVID GATES]
<超お買い得!名盤5枚組>のアレです。今までコツコツ1枚ずつ買っていた人にとってはなんだそりゃ〜?!かもですが、ベスト盤1枚と同じ価格でアルバム5枚は買えてしまう何ともオイシイ企画ですね。音質も問題なし、ライナーや歌詞は当然付いてないけど文句は言えないデス。私は今んとこブレッドしか買ってないけど多すぎて却って選べないくらいいろんな人の出てます。今回は第1回目、ということで、デビュー・アルバムからお馴染みの大ヒット・シングルをセレクト。ソフトで甘くていつ聴いても癒されるナァ・・・全米チャート最高10位を記録してます。
Vol.229 No.3 (Serial No.3971)
GOLDEN CLASSICS EDITION
COL 5859
DOWN IN THE BOONDOCKS
2:36 1965
BILLY JOE ROYAL
GOLDEN CLASSICS EDITION
[JOE SOUTH]

ビリー・ジョー・ロイヤルは、アメリカ ジョージア州出身の男性シンガー。ヒット曲も複数あるし聴いてみれば魅力はあるのにジャンルのせいか、ロック史(or誌)で目立って取り上げられる機会のないアーティストですね。そんなこの方を知るきっかけとなるであろう代表的なナンバーがこの曲。ミディアム・テンポのカントリー・ロックな雰囲気で、これ以降のヒット曲も含めジョー・サウスによるソングライト、プロデュース作。全米チャート最高9位を記録。80年代以降はカントリー界で大活躍のご様子。

Vol.229 No.4-7 (Serial No.3972-3975)
TOGETHER
UICY-94014
DON JUAN
3:05 1969
SNAKE IN THE GRASS
3:08 1969
TONIGHT TODAY
3:19 1970
MY WOMAN'S MAN
3:23 1970
DAVE DEE, DOZY, BEAKY, MICK & TICH
[KEN HOWARD / ALAN BLAIKLEY]
TOGETHER
それでは今号のメインイベントに突入♪ いきなりですが、デイヴ・ディー・グループ、後期の作品を特集したいと思います。この「TOGETHER」というアルバムは4枚目のアルバムで昨年紙ジャケSHM-CDとして堂々発売されてました。その時一緒にマインドベンダーズとかマージービーツとかよりマイナーなモノの方に感動(SHM化の)覚えはしたのですが、楽曲クオリティーの方は、やはり大物の風格を見せるデイヴ・ディー・グループ、断然惹きつけるんですね。ピークを過ぎた頃の作品ですら輝いていて、音質も最高ですし、改めて聴き入ってしまいました。
そんなわけでこのCDより4曲大盤振る舞いさせていただきます。
1曲目は14枚目のシングルとして発表された「キサナドゥーの伝説」路線の派手なポップ・ミュージカル風のキャッチーなナンバー。この勢いと元気の良さは素晴らしいが全英チャート最高23位までしか上がらず。2曲目は続く15枚目のシングルで、これまた彼ららしいほのぼのと愉しげなキャッチエスト・ポップ・チューンなのだが、同じく全英チャート最高23位止まり・・・。3曲目は続く16枚目のシングルでリーダー格のデイヴ・ディーを除くDOZY, BEAKY, MICK & TICHとしてリリース。あれ、ちょっと作風変わった?と思われる出だしですが、徐々にキャッチーなノリになっていき、あんま変わってないか、と一安心するパターン。ついに本国ではチャート入りを逃してしまったが、他のヨーロッパの国ではヒットしたそうです。ラスト4曲目は、グループを抜けたデイヴ・ディーの初シングル、看板の彼ならソロでも成功したのでしょうか・・・? グループよりはマシで全英チャート最高42位のマイナー・ヒットはキープしました。サウンドの方も あら随分アダルトな雰囲気になったのね、と、思わせるが、サビでは盛大にキャッチーなメロディで盛り上げ、メリハリをつけたサウンド構成にしたんですね。よく出来てますけど、どこか優等生だな。
さて皆さん、私はデイヴ・ディー・グループの大ファンで何年か前もこうした特集枠で取り上げたのを覚えていますか? 彼らはハワード&ブレイクリー(ソングライト&プロデュース)と最高のコンビネーションで、様々な工夫を凝らしたポップス・ファンの心を掴む楽曲を発表し続けてきました。不思議と全米では全くヒットを出せませんでしたが、本当にイカしたバンドです! 語りつくせない魅力を多くの人に聴いて知って欲しいですね。
Vol.229 No.8-9 (Serial No.3976-3977)
EVERYTHING
SICP 2287
BE WITH YOU / いつでもBE WITH YOU
3:03 1989
[D. PETERSON / W. IGLEHEART]
SOME DREAMS COME TRUE / DREAMS
3:29 1989
[D. PETERSON / S. HOFFS]
BANGLES
EVERYTHING

お次は紙ジャケ80'Sコーナー バングルス・シリーズ最終回、3枚目のアルバムもちゃんとお届けしますよ〜。絶頂期<自分たちの全ての力を詰め込んだ>このタイトルのアルバムを最後にバングルスはあっけなく解散してしまいます。当時は「え〜!?」と思いましたが、私自身89年まででリアルタイムのヒットは聴かなくなってしまったので、続けていたとしても聴いていない可能性大。2000年に再結成してるけど、実際89年以降の楽曲はちゃんと聴いてないわけで・・・。きっと同じように永遠に60'Sしてるとは思いますけどネ。1曲目は「ETERNAL FLAME」に続く3枚目のシングル・カット。軽快なアップ・テンポのポップ・ナンバー。リードヴォーカルはデビー・ピーターソンで爽やかなハーモニーも絶好調♪ 然し“シングル”としてはちょっと弱かったか全米チャート最高30位でした。次も偶々デビーのリード・ヴォーカルをフィーチャーした曲を選んでしまいました。明るくハッピーなアップ・テンポのビート・ポップ・チューン。

Vol.229 No.10-11 (Serial No.3978-3979)
IN HEAT
EICP 1243
DO ME ANYWAY YOU WANNA
3:23 1983
[THE ROMANTICS]
TALKING IN YOUR SLEEP
3:57 1983
[MARINOS / PALMAR / SKILL / CANLER / SOLLEY]
ROMANTICS
IN HEAT

お次も紙ジャケ80'Sコーナー たまっちゃってましてね(^^;)。 ロマンティックスいましたね〜!って思ったでしょ。このグループも我々オールディーズ・ファンには愛すべき60’S魂を売りにしたロック・バンドでしたよね。デトロイト出身の4人組で結成は1977年バレンタイン・デイだったそうです。今回CD化されたこのアルバムは下積みを経て、ようやく成功を掴んだ4枚目の出世作。1曲目はA面2曲目のストレートでシンプルなロックンロール・ナンバー。2曲目はなぜかまだ入れていなかった言わずと知れた最大のヒット曲♪ 流行に逆らったようなサウンドだとどんなに素晴らしくても全国区のヒットに結び付きにくいのですが彼らはやってくれました! 堂々全米チャート最高3位を記録! この曲に関してはそれほどオールディーズ色は強く感じられないものの60年代に聴かれても違和感ない明快さですよね。

Vol.229 No.12 (Serial No.3980)
ANIMAL TRACKS
TOCP-67102
BRING IT ON HOME TO ME / 悲しき叫び
2:44 1965
THE ANIMALS
ANIMAL TRACKS
[SAM COOKE]

アニマルズは第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンの代表的なグループの1つとして今なお人気の高い(といっても私の周りには知っている人すらいないが・・・)ニューカッスルのグループ。このジャンルはオールタイム・フェイヴァリットなのだが、正直アニマルズは時々聴きたくなるという程度。しかし良いですね〜この曲は!哀愁帯びて、心にしみますね〜 最初に聴いたのもアニマルズのヴァージョンでサム・クックを聴いてからもアニマルズの勝ち♥ 全米チャート最高32位を記録。

Vol.229 No.13 (Serial No.3981)
HAVE I THE RIGHT : THE VERY BEST OF THE HONEYCOMBS
EICP-20003
LOVE IN TOKYO
2:31 1965
THE HONEYCOMBS
HAVE I THE RIGHT : THE VERY BEST OF THE HONEYCOMBS
[KEN HOWARD / ALAN BLAIKLEY]

ザ・ハニーカムズは名曲「ハヴ・アイ・ザ・ライト」の大ヒットで知られるロンドンのポップ・グループ。ジョー・ミークのプロデュースした新鮮でユニークなポップ・ビートが魅力的でこれまた時々(笑)聴きたくなる人達です。中でもこの曲はタイトル見て何だろうと思わせるものがありますね。来日記念シングル?というわけでもなさそうで「ALL SYSTEMS - GO!」という2枚目のアルバムに収録されてます。そのあと「In Tokyo」なる日本だけのライヴ盤を発表してますが、それには入ってないですね。日本だけでシングルにしても良さそうなポップ&キャッチーなサウンドです。

Vol.229 No.14-16 (Serial No.3982-3984)
HARD TO FIND JUKEBOX CLASSICS 1956
12303
THE ROCK & ROLL WALTZ
2:59 1956
[ALFRED / ALLEN]
KAY STARR
MOONGLOW AND THE THEME FROM "PICNIC" / ムーングロウとピクニックのテーマ
2:50 1956
[HUDSON / DeLANGE / MILLS / DUNING]
MORRIS STOLOFF
TRUE LOVE
3:07 1956
[COLE PORTER]
BING CROSBY, GRACE KELLY
HARD TO FIND JUKEBOX CLASSICS 1956
50年代の曲も入れなきゃわー!というわけでラストは1956年のヒット曲集で閉めます。お馴染みERIC RECORDSのHARD TO FIND年代物シリーズのうち初期の1枚。現在1959年まで出ていますけど、追いつかなくてGGOにはテキトーな順番で載せてます。気まぐれで役立たずなサイトですんません。1956年といえばロック誕生したばかりエルヴィスの活躍でロックンロールバクハツ人気となった年ですが・・・このCDに収められた多くはロックなんかに染まってたまるか!という大人のポピュラーミュージック。1曲目もロックンロールなのはタイトルだけという感じでワルツはワルツなんだけどとってもエレガントなスタンダードな決して若くなさそうな(失礼過ぎ!)ゆったり曲調。エルヴィス攻撃の直前に全米No.1を記録してます。ケイ・スターは1940年代から活動しているオクラホマ出身の女性シンガー。短期間グレンミラー楽団にいたこともあるそうですね。2曲目は映画音楽としても知られる有名な楽曲ですね。ウイリアム・ホールデン、キム・ノヴァク主演の映画「ピクニック」より。何ともロマンチックな良い雰囲気のジャジーなピアノインストです。モーリス・ストロフはフィラデルフィア出身の作曲家/指揮者/ヴァイオリニストなどの肩書を持つ音楽家。唯一のビルボード・チャートイン曲にして全米No.1という究極の一発屋さんでもあります。お次の締めくくりもスクリーン・ミュージック、超豪華すぎるデュエットです!オールディーズに興味なくても聴いてみたくなるでしょう。誰?って人はまさかいないと思います。二人の共演した映画「上流社会」の挿入歌であるうっとり聴かせる上質バラードは全米チャート最高3位の大ヒットを記録。私は映画疎いので両方見たことありませんが、グレース・ケリーって歌も歌ってたんですね。
BACKUPNEXT
Vol.229 Special ♪
Vol.229 Special ♪
 
Goody Goody Oldies
50s-80sのステキなOldiesをたっぷり詰め込んだ“通勤用”コンピレーション・シリーズ
Back Number
201 202 203 204
205 206 207 208
209 210 211 212
213 214 215 216
217 218 219 220
221 222 223 224
225 226 227 228
229      
Previous Issues
(Vol.1-200)
Song List (Vol.1- )
1-10 11-20
21-30 31-40
41-50 51-60
61-70 71-80
81-90 91-100
101-110 111-120
121-130 131-140
141-150 151-160
161-170 171-180
181-190 191-200
201-210 211-220
221-230  
Artist Index (A to Z)
A | B | C | D | E | F | G
H | I | J | K | L | M | N
O | P | Q | R | S | T | U
V | W | X | Y | Z |
G.G.O.内をSearch
G.G.O. Artist Top 20
1 THE BEACH BOYS 91
2 THE MONKEES 47
3 THE HOLLIES 41
4 NEIL SEDAKA 40
5 THE ROLLING STONES 33
6 PAUL McCARTNEY & WINGS 32
7 THE FOUR SEASONS 30
8 CLIFF RICHARD 28
9 EVERLY BROTHERS 27
10 THE (YOUNG) RASCALS 26
10 RICK NELSON 26
11 LESLEY GORE 25
12 CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL 24
12 GARY LEWIS & THE PLAYBOYS 24
13 BAY CITY ROLLERS 22
13 ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA 22
13 FRANKIE VALLI
22
13 GEORGE HARRISON 22
13 HERMAN'S HERMITS 22
13 RASPBERRIES 22
14 ARABESQUE 20
14 ROY ORBISON 20
15 ERIC CARMEN 19
16 DAVE DEE, DOZY, BEAKY, MICK & TICH 17
17 CHICAGO 16
17 EAGLES 16
17 ROD STEWART 16
18 PETER & GORDON 14
19 BAD FINGER 13
19 BEE GEES 13
19 DAVE EDMUNDS 13
19 ELTON JOHN 13
19 THE LOVIN' SPOONFUL 13
19 THE 5TH DIMENSION 13
20 THE BEATLES 12
20 GRASS ROOTS 12
20 PAUL REVERE & THE RAIDERS 12
20 THE TURTLES 12
Vol.229現在登場アーティスト数1965組
G.G.O.アイコン
曲のタイトル
演奏時間
リリース(ヒットした)年
アーティスト
アーティスト(インスト)
曲収録CDのタイトル
ソングライター
ジャケ画像は私の持っているCDからスキャンしています。常に最新の1番良いものをご紹介できるわけではないので参考程度にご覧下さい。
Cheap Talk
 
ロゴ - No Music No Work Goody Goody Oldies, Forever