Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
Goody Goody Oldies Vol.224 - I just want to tell you, how wonderful pop music is!
Issue Date: 07/26/2009
Vol.224 No.1 (Serial No.3889)
MORE ABBA GOLD MORE ABBA HITS
UICY 91318/9
SUMMER NIGHT CITY
3:36 1978
ABBA
MORE ABBA GOLD MORE ABBA HITS
[BENNY ANDERSSON / BJORN ULVAEUS]
あらあらもう夏じゃないですか! なんと4ヶ月ぶりの更新なんですが、そんな経ったとは思えないほど、あっという間に月日が流れてしまいますね(汗)。私の大好きな夏ということで元気にサマー・ソングお届けしましょう♪ トップバッターはカッコイイ曲ですね〜!! アバはかなり久しぶりに登場するんですが、「マンマミーア」はあんま興味ないんですけど、SHM-CDが超高音質でぶっ飛んでたとでした。この曲は全米ではヒットした記録はないが、本国スウェーデンではNo.1など欧州では大ヒットしている。
Vol.224 No.2 (Serial No.3890)
ON
MVCE-22014
RAINING SUNSHINE
2:38 1967
THE EIGHT DAY
ON
[DANTE / ALLAN]

夏のはずなのに、雨ばかりって感じですよね。いい加減にしてよねってことで1曲。レインソングといっても晴れて欲しいんで半々な題名ですけど。エイス・デイはGGO初お目見えですね。7人組で女性2人、男性5人によるハーモニー・ポップ・グループ。これは名盤で何回か再発CDになってるはずだけど、私は97年に世界初CD化されたときのを持っているのだ〜!(なんて自慢にならないか)この曲はシングルじゃないかもしれないけど、一聴で心ときめかせるキャッチーなポップ・ナンバー。

Vol.224 No.3 (Serial No.3891)
MEASURE FOR MEASURE THE JOHN CARTER ANTHOLOGY
RPM D268
HAPPINESS AND RAINY DAYS
2:56 1970
STAMFORD BRIDGE
MEASURE FOR MEASURE THE JOHN CARTER ANTHOLOGY
[CARTER / LEWIS / ALQUIST]
追加でもう1曲楽しい雰囲気のレイン・ソング♪ スタンフォード・ブリッジは、イギリスのポップ・ヒット・メイカー、ジョン・カーターの作った数あるスタジオ・グループの中では比較的有名なグループ。単独のCDも存在するが、今回はそれよりずっとおススメな2枚組アンソロジーから。これはもう1曲だけしか選ばないのはもったいないくらいすご〜い豪華盤。キャッチーなポップス派の人ならぜひとも常備しておきたい。この曲もどんなときに聴いてもハッピーになる魔法のポップ・チューンだ。
Vol.224 No.4 (Serial No.3892)
HERE COMES MY BABY THE ULTIMATE COLLECTION (3CD)
SMETD139
GOOD DAY SUNSHINE
1:59 1967
THE TREMELOES
HERE COMES MY BABY THE ULTIMATE COLLECTION (3CD)
[LENNON / McCARTNEY]
というわけでこんな日を望んでいるんですね。ザ・トレメローズは元々はブライアン・プールというフロントマンのバックバンドでしたが、フロントマンが不在となってからも華々しく活躍し続け、英米でヒットを放ちました。新しいヴォーカリストのルックスが良かったためかアイドル・グループの扱いでしたが、演奏技術の高さは評価されています。この曲は新生トレメローズのファースト・ヒットとなった「HERE COMES MY BABY」のB面としてリリースされた言わずと知れたビートルズのカバー。これも良い仕上がりですね。
Vol.224 No.5 (Serial No.3893)
OUR DAY WILL COME THE VERY BEST OF RUBY & THE ROMANTICS
RPMD247

MY SUMMER LOVE

2:45 1963
RUBY & THE ROMANTICS
OUR DAY WILL COME THE VERY BEST OF RUBY & THE ROMANTICS
[BOB HILLIARD / MORT GARSON]
とっておきのサマー・ラヴ・ソング・チューンいっちゃう? 今日は男女混成が多いですね。ルビー&ザ・ロマンティックスは紅一点ルビー・ナッシュ・カーティスのヴォーカルをフィーチャーしたオハイオ出身の5人組R&Bグループ。この曲は全米No.1に輝いた名曲「OUR DAY WILL COME」のフォローアップ・シングルで全米チャート最高16位を記録したセカンド・ヒット。1曲が余りにも有名なため他の曲はほとんど注目されないが、良いのあるんですよ〜 この曲も洗練されたポピュラーなサウンドで古き良きムードです。
Vol.224 No.6 (Serial No.3894)
THE BEST OF THE FANTASTIC BAGGYS TELL 'EM i'M SURFIN'
0777 7 99939 2 5

SAVE YOUR SUNDAYS FOR SURFIN'

2:45 1964
THE FANTASTIC BAGGYS
THE BEST OF THE FANTASTIC BAGGYS TELL 'EM i'M SURFIN'
[SLOAN / BARRI]
お次はサマー・ソングとくればオールディーズ・ファンは絶対外せないサーフィンもの。ファンタスティック・バギーズは紹介するのにマイナーかそうでないか迷いますね。ヒット曲は一つもないのに割と早い時代にCD化されてるし。コレなんて92年だよ。もっと前にコンピレには数曲収録されていたし・・・。P.F.スローンとスティーヴ・バリは誰でも知ってるほどじゃないけど、ヒット曲はたくさんある。ま、作品を聴く限り、10代後半のこのころから只者ではないってことだけは確かです。この曲も見事!ホントに完成度高いです。
Vol.224 No.7-9 (Serial No.3895-3897)
IT CAME FROM THE BEACH: SURF, DRAG AND ROCKIN' INSTROS FROM DOWNEY RECORDS
CDCHD 1198
BANGALORE
2:12 1963
THE BLAZERS
[VERN ACREE SR.]
RIPTIDE
2:35 1963
THE CHEVELLS
[JOHN THOMPSON JR.]
CECILIA ANN
2:22 1964(1988)
THE SURFTONES
[?(NOT INDICATED)]
IT CAME FROM THE BEACH: SURF, DRAG AND ROCKIN' INSTROS FROM DOWNEY RECORDS

ACEコンピのお時間です。今回は、この時期を逃したらまた1年先送りになってしまうというサマー仕様のコンピレをご紹介。タイトルの通りなんですが、サーフィン&ドラッグのインストを26曲集めています。雰囲気的には過去に取り上げた『BIRTH OF SURF』の続編。もっとマイナーなのも聴きたい方はといったところだろうか。収録アーティストはDOWNEY MUSIC CORP.のグループ8組。少なくとも私には馴染みのない名前ですが、ライナーに写真掲載されているので実体もある様子を窺い知れます。それでは、早速ビーチに出発しましょー!
1曲目は先ほどの『BIRTH OF SURF』にも1曲(「BEAVER PATROL」)収録されていたブレザーズ。1963年にデビューした5人組。今回取り上げた曲は「SOUND OF MECCA」というセカンド・シングルのカップリング・ナンバーということだが「MISERLOU」系、刺激的なギター・インスト・チューン。全く売れず活動期間は短いんでしょうけど、他の曲も良いのであるだけの音源を聴いてみたいと思わせます。次のザ・シェヴェルズも『BIRTH OF SURF』に1曲(「LET THERE BE SURF」)いましたね。今回は続くシングルと思われる曲の方にしました。サーフ・インストものには定番な曲調なんだけど、この哀愁帯びたメロディーラインにヤラれちゃうんだよね。カリフォルニアの高校生による5人グループですが、リードギターが作曲を担当し、自分たちのレーベルその名もCHEVELLからリリースしています。実力派のようだね。最後3曲目、ザ・サーフトーンズはこれ1曲しか収録されておらず実体は不明。この曲は80年代後半にCDでリリースされたと記述されているが、実際は1964年にインディーズから発売されていたとか。ACEの"宝探し力"毎度ながら感服しますよ。聴いてみるとヴェンチャーズか?!という日本人の心を掴む秀逸ギター・インストですからね。一聴の価値ありです!

Vol.224 No.10 (Serial No.3898)
ABRAXAS / 天の守護神
SICP-20028
SAMBA PA TI / 君に捧げるサンバ
4:50 1971
SANTANA
ABRAXAS / 天の守護神
[C. SANTANA]

前の特集のものとは異なるジャンルの音楽に変わっているのに、引き続きサーフ・インスト聴いてるみたいにスムーズにつながりました!(と思ってるのは私だけかもしれませんけど・・・)。これまた久しぶりのサンタナ。なんとVOL.24以来11年ぶりの登場。この曲は標記アルバムからの最大ヒットのシングル「BLACK MAGIC WOMAN」に続いてヒットした「OYE COMO VA」(僕のリズムを聞いとくれ)のカップリングでリリースされたサンバのリズムに美しいメロディーを奏でるギターが何とも素敵なインスト・ナンバー。

Vol.224 No.11-12(Serial No.3899-3900)
DEDICATION / 青春に捧げるメロディー
BVCM-35531
DEDICATION / 青春に捧げるメロディー
3:54 1976
[FRETCHER / FLETT]
LOVE ME LIKE I LOVE YOU
3:20 1976
[FAULKNER / WOOD]
BAY CITY ROLLERS
DEDICATION / 青春に捧げるメロディー
ベイ・シティ・ローラーズのコーナー。そう、まだ終わってないのですよ。後1回くらいお付き合いを。今回は4作目のアルバムから選曲しました。つーか何も考えずタイトル・チューンを入れてるんですけどね(汗)。まず1曲目、この曲はこのアルバムのみ参加していたイアン・ミッチェル君が唯一リード・ヴォーカルを取った曲だが、リリース直後に脱退してしまったため、急遽レスリーのヴォーカル・バージョンに差し替えられてしまった幻のオリジナル・テイク。な〜んてここに収録されてるんだから全然幻じゃないじゃんね。静かに始まり、徐々にフィナーレ〜!みたいに盛り上がってくるバラード曲なんですが、すいません、もう1曲続けますね。こっちのがいつものBCRって感じの軽めの甘酸っぱい爽やかなポップ・チューン(^ー^)。ボートラに収録されたヒット・シングルで、全英チャート最高4位を記録した。あたしもいつまでこーゆーの聴いてウキウキしてんでしょうね?早く若い人たちに聴き継がれていって欲しいものです(爆)。
Vol.224 No.13-15(Serial No.3901-3903)
THE SOUL OF ROCK AND ROLL - ROY ORBISON - VOL.4
THE SOUL OF ROCK AND ROLL
SICP-2096-99
COMING HOME
4:03 1986
[R. ORBISON / W. JENNINGS / J.D. SOUTHER]
CALIFORNIA BLUE
3:58 1989
[R. ORBISON / J. LYNN / T. PETTY]
LIFE FADES AWAY [FROM THE MOTION PICTURE LESS THAN ZERO]
3:43 1987
[R. ORBISON / G. DANZIG]
ROY ORBISON
THE SOUL OF ROCK AND ROLL
時間かかりすぎ!、ごめんね、ロイ・オービソン。4枚組豪華BOX CD特集、なんとか4枚目にたどり着けました。80年代を取り上げていきましょう。皆さんご存知の通り、80年代後半、ロイは覆面バンド、トラヴェリング・ウィルベリーズに参加し話題を集めました。新作も発表し、華々しくヒット・チャート、それも上位にカムバックを果たします。しかし、残念なことにそれは「死後」のことでした。まさにこれから・・・というとき、この時のショックは私は今も忘れられません。彼の歌を聴くときは悲しみが伴います。でも、聴かずにはいられない、聴いていると悲しみは感動に変わりすごいパワーをもらえます。ロイが素晴らしい音楽を残してくれたことに只管感謝です!
1曲目は、1986年リリースされた「CLASS OF '55」というサン・レコード仲間のジョニー・キャッシュ、ジェリー・リー・ルイス、カール・パーキンスと共にレコーディングしたアルバム収録曲で、このアルバム、各々のソロ曲と共演した曲で構成されたいるんだとか・・・。ヒェ〜!知りませんでした! リアルタイムなのに、ロイのロの字も知らないし。。。CD化されてないよね。聴いてみたいじゃないか! ロイのソロはシングル・リリースされたかは不明ですが、穏やかでキャッチーなポップ・ロック・チューンです。2曲目はお馴染みですね、遺作となった「MYSTERY GIRL」収録、ウィルベリーズで共演したジェフ・リンのプロデュースした素晴らしいミディアム・バラード・ナンバー。大ヒット「YOU GOT IT」の後にシングル・カットもされています。次、最後の最後は隠れた名曲で締めくくります。映画「レス・ザン・ゼロ」のサウンドトラックに収録された曲。サントラに曲提供もしていたんですね。特にシングルにはならなかったんでしょうか。もしなっていたら少しだけ早くロイの名前を知れたかもしれないのにねぇ。「IN DREAMS」あたりの往年のヒット曲を思わせるドラマチックなバラードで、エンディングは超ハイトーンのヴォーカルで決めるという、ロイ・オービソン・ワールドを存分に味わえる逸品。
Vol.224 No.16(Serial No.3904)
WE ARE THE WORLD
UCCO-9196
WE ARE THE WORLD
7:12 1985
USA FOR AFRICA
WE ARE THE WORLD
[MICHAEL JACKSON / LIONEL RICHIE]
"KING OF POP" マイケル・ジャクソン突然の死から1ヶ月、追悼も一段落したところでしょうかね。特にファンとは言えなくともおもいっきりリアルタイムで「ムーンウォーク」を始めとするビデオクリップで見られるマイケルのダンスのカッコよさには心底魅了されていました。「スリラー」のPVなんてどのホラー映画より面白いし、もう彼ほど強烈な個性と才能を持ったスターは現れないでしょうね。残念です。ま、これがキッカケでCDは売れまくってるようなので(というか今まで欲しくても買いづらかった?)、彼の特集では必ず取り上げられるこの曲をピックアップしました。説明は要らんでしょう。私のハジレコでした。
BACKUPNEXT
Oldies but Goodies Info
11周年リニューアルしました!
ここがトップページです。
「Goody Goody Oldies」最新版をトップにしました。他のページへは上部のメニューをクリックして今まで通り移動できます。
 
Vol.224 Special ♪
Vol.224 Special ♪
 
Goody Goody Oldies
50s-80sのステキなOldiesをたっぷり詰め込んだ“通勤用”コンピレーション・シリーズ
Back Number
201 202 203 204
205 206 207 208
209 210 211 212
213 214 215 216
217 218 219 220
221 222 223 224
225 226 227 228
229      
Previous Issues
(Vol.1-200)
Song List (Vol.1- )
1-10 11-20
21-30 31-40
41-50 51-60
61-70 71-80
81-90 91-100
101-110 111-120
121-130 131-140
141-150 151-160
161-170 171-180
181-190 191-200
201-210 211-220
221-230  
Artist Index (A to Z)
A | B | C | D | E | F | G
H | I | J | K | L | M | N
O | P | Q | R | S | T | U
V | W | X | Y | Z |
G.G.O.内をSearch
G.G.O. Artist Top 20
1 THE BEACH BOYS 91
2 THE MONKEES 47
3 THE HOLLIES 41
4 NEIL SEDAKA 40
5 THE ROLLING STONES 33
6 PAUL McCARTNEY & WINGS 32
7 THE FOUR SEASONS 30
8 CLIFF RICHARD 28
9 EVERLY BROTHERS 27
10 THE (YOUNG) RASCALS 26
10 RICK NELSON 26
11 LESLEY GORE 25
12 CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL 24
13 BAY CITY ROLLERS 22
13 ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA 22
13 FRANKIE VALLI
22
13 GEORGE HARRISON 22
13 HERMAN'S HERMITS 22
13 RASPBERRIES 22
14 ARABESQUE 20
14 ROY ORBISON 20
15 ERIC CARMEN 19
15 GARY LEWIS & THE PLAYBOYS 19
17 CHICAGO 16
17 EAGLES 16
17 ROD STEWART 16
18 PETER & GORDON 14
19 BAD FINGER 13
19 BEE GEES 13
19 DAVE DEE, DOZY, BEAKY, MICK & TICH 13
19 DAVE EDMUNDS 13
19 ELTON JOHN 13
19 THE LOVIN' SPOONFUL 13
19 THE 5TH DIMENSION 13
20 THE BEATLES 12
20 GRASS ROOTS 12
20 PAUL REVERE & THE RAIDERS 12
20 THE TURTLES 12
Vol.224現在登場アーティスト数1932組
G.G.O.アイコン
曲のタイトル
演奏時間
リリース(ヒットした)年
アーティスト
アーティスト(インスト)
曲収録CDのタイトル
ソングライター
ジャケ画像は私の持っているCDからスキャンしています。常に最新の1番良いものをご紹介できるわけではないので参考程度にご覧下さい。
Cheap Talk
 
ロゴ - No Music No Work Goody Goody Oldies, Forever