Oldies But Goodies
Goody Goody Oldies | Billboard Top 10 Singles/No.2 Songs | 5★CD/Best CD | '80s | Links | About Site | Mail
Goody Goody Oldies Vol.209 - I just want to tell you, how wonderful pop music is!
Issue Date: 06/29/2008
Vol.209 No.1-2 (Serial No.3649-3650)
ARIZONA / 花咲くアリゾナ
SICP 1694
ARIZONA / 花咲くアリゾナ
3:11 1970
[K. YOUNG]
LOVE'S BEEN GOOD TO ME / 恋は私に微笑を
3:25 1970
[R. McKUEN]
MARK LINDSAY
ARIZONA / 花咲くアリゾナ
もう何ヶ月も前になるが、マーク・リンゼイのソロ・アルバム3枚紙ジャケ発売された。シンガーに徹した大人っぽく品のあるバラード系のカバーを中心に取り揃えた味わい深くも聴きやすいアダルト・ポップス・アルバムで、ポール・リヴィア&ザ・レイダースとは違う面を見せて(聴かせて)くれる。個人的に今年発売CDの中でもトップ・クラスのヘヴィ・ロテだったので、とりあえずファーストより2曲続けてオープニングにセレクトした。先ず1曲目はタイトル・チューンでソロでは最大のヒット・シングル。正に3分間パラダイスといったゴージャスなナンバーで全米チャート最高9位を記録。他はセンスのよいカバーを多く収録しており、2曲目はアルバムの中の1曲でフランク・シナトラがチャート・インさせたとても素敵なバラード。マークの歌唱力は勿論の事、ジェリー・フラーのプロデュースやアル・キャップスらのアレンジの素晴らしさに注目したい。
Vol.209 No.3 (Serial No.3651)
THE BEST OF THE ANGELS
532 484-2
LITTLE BEATLE BOY
2:21 1964
THE ANGELS
THE BEST OF THE ANGELS
[FELDMAN / GOLDSTEIN / GOTTEHRER / PEGGY FARINA]
「My Boyfriend's Back」だけで語り終わってしまうエンジェルズは、その後ダスクなどいろんな(即席?)グループのシンガーとして活躍するペギー・サンティグリアとフィリス&バーバラのオールバット姉妹によるガール・トリオ。この曲は当時流行のビートルマニアックスの1つであろうがチャートインできず人気下降を決定付けるシングルになってしまったようだ。ビートル・マニア!といってもワーキャー・タイプではなく、全然関係ないオーソドックスなガール・ポップ曲調のうっとりドリーミーな可愛いナンバー。
Vol.209 No.4 (Serial No.3652)
CALL ME - THE SONGS OF TONY HATCH
CMDDD 536
WHERE DID WE GO WRONG
3:06 1966
SANDS OF TIME
CALL ME - THE SONGS OF TONY HATCH
[CLARK / HATCH]
トニー・ハッチ・ソングの特長でもあるが、この曲も格調高いなぁ〜。サンズ・オブ・タイムはこの時期よくいたハーモニー・ポップ・グループの1つのようで、ハッチが手がけていた私の大フェイバリットのモンタナスに近いサウンドを聴かせてくれる。実力も高く非常に気になるグループなのだが、この心が洗われるような美しいバラード曲(ペテュラ・クラークとの共作!)も 恐らく他の曲も全くヒットせず無名中の無名の存在。4人組でジャッキー・トレント(ハッチの奥さん)に見出されてパイ・レコードに迎えられたそうだ。
Vol.209 No.5-8 (Serial No.3653-3656)
THE GOLDEN AGE OF AMERICAN POPULAR MUSIC -THE FOLK HITS-
THE GOLDEN AGE OF AMERICAN POPULAR MUSIC -THE FOLK HITS-
CDCHD 1175
MICHAEL / 漕げよマイケル
2:45 1960
THE HIGHWAYMEN
[DAVE FISHER]
WE SHALL OVERCOME
2:51 1963
JOAN BAEZ
[TRAD ARR FRANK HAMILTON / GUY CARAWAN / PETER SEEGER / ZILPHIA HORTON]
DON'T LET THE RAIN COME DOWN / 雨をふらせないで
2:45 1964
THE SERENDIPITY SINGERS
[ERSEL HICKY / ED MILLER]
THE UNICORN
3:18 1968
THE IRISH ROVERS
[SHEL SILVERSTEIN]
THE GOLDEN AGE OF AMERICAN POPULAR MUSIC THE FOLK HITS
今後、かなりの確立でこの特集コーナーはACEのオールディーズ・コンピの定位置とさせていただく。一オールディーズ・ファンとしてACEには頑張ってもらいたいからヒイキです! 今回はちょっと前今年発売された60年代のフォーク・ソングのヒット曲を集めたコンピよりマイ・フェイバリットを厳選してご紹介。ここに収録されてるのはフォーク・ロックじゃなくて本格的なフォークなのであまり私の得意とする分野ではなく、列記とした大ヒットなのに初GETという曲がいくつもある大収穫CDであった。 ということで、そんな曲を中心にした4曲のセレクションいってみましょう♪
まず1曲目は、え〜?と思われそうだが、個人的に60年代の全米NO.1ソングで唯一持っていない楽曲であった。これをついにGETしてしまったのでようやく60年代の全米NO.1ソング全曲CDで所有できたことになる。もっと感動するかと思ったら曲調がめちゃくちゃ地味〜なせいか案外冷静で・・・。なんでこれが1位になったんだ〜?とか思っちゃったりして。嫌いじゃないけど記念に収録って程度だね。以外だったのが2曲目、ジョーン・バエズなんて(なんてってのはないか)子供のときからどうも受け付けない「ドナ・ドナ」のイメージで最初聴かずに飛ばそうかと思ったくらいだったのだが、すんなり耳に入ってきてそのまま聴き入ってしまった。先入観は要らないね。全米チャート最高90位だけど良い曲でした。3曲目、この曲も今まで持っていなく聴いた記憶もない曲だった。レインと付くんで今の時期ちょうど良かったかもね。しかしオールディーズのレイン・ソング特集でも聞いたことなかったというのは考えにくいなぁ・・・トラディショナルだし私にはそんな印象に残るタイプの曲調ではないからかねぇ。さて、セレンディピティ・シンガーズは数えたら9人もいました!(男7、女2)。コロラド大学で結成されたというニュー・クリスティ・ミンストレルズのフォロワー的コーラス・グループ。全米チャート最高6位の見事な大ヒットであった。最後の4曲目はこれも初耳&初ゲットのトップ10シングル。まさか初CD化なんてこと絶対ないでしょうになぜ今まで縁がなかったんだろう。そっちのが不思議なくらいだ。アイリッシュ・ローヴァーズはその名の通りアイリッシュ・トラッド・バンドで、兄弟といとこ二人によるカナダの4人組。長閑で語るように歌われるゆったりとした心地よいナンバーで和める。全米チャート最高7位を記録。これだけの一発屋かと思いきやその後3曲小ヒットを放っていた。
Vol.209 No.9 (Serial No.3657)
続・僕たちの洋楽ヒット VOL.1 (1955-1958)
BVC2-34009
L'EAU VIVE (GIRL AND THE RIVER) / 河は呼んでる
2:45 1958
GUY BEART
続・僕たちの洋楽ヒット VOL.1 (1955-1958)
[GUY BEART]
特集の後はちょっと趣向を変えて後半戦スタートしましょう。ギイ・ベアールはエジプト生まれ、フランスで活動していたシンガー・ソングライター。この曲は同名フランス映画のテーマ・ソングで、特に日本で大ヒットしている。オルゴールのメロディが可憐なシャンソン風の覚えやすい曲調ですぐ飽きそうなのがたまにキズ・・・か?!(汗)。映画に詳しい方はご存知だと思うが、エマニュエル・ベアールというフランス女優の父親でもある。
Vol.209 No.10 (Serial No.3658)
LONDON CALLING
MHCP 482-4
SPANISH BOMBS / スペイン戦争
3:18 1979
THE CLASH
LONDON CALLING 25TH ANNIVERSARY EDITION
[STRUMMER / JONES]
何の説明も要らないという、コメントをつけなければいけないGGOにはとっても不向きなロック・アルバムの金字塔から1曲セレクトしてしまった。ジャケもカッコいいしこの世にこんなイカす曲ばっかりなアルバムが存在するなんて音楽ファンは一生楽しく暮らせるよ!ってくらい私も超大好きな作品。本当に好きな曲ばかりでコレに決めたのも今日はコレが1番ピンと来たから、みたいなノリである。この曲は中でもものすごいキャッチーでハモりがサイコー!!!歌詞はところどころスペイン語なのかな。
Vol.209 No.11 (Serial No.3659)
BUSTER 2 / 夢みるバスター
AIRAC-1447
DANCE WITH ME / 夢みるダンス
2:41 1977
BUSTER
BUSTER 2 / 夢みるバスター
[R. FENNAH / P. LEAY]
前回に続いてバスター2枚目のアルバムで再登場! こちらもバラエティに富んだ粒ぞろいで甘く切なく乙女心を(・・・オイ)楽しませてくれます。てなわけで、この曲はメンバーのオリジナルによるロッキン・ディスコ風のダンス・ナンバー。専属ライターR.ScottとS.Wolfeによるティーン・ポップ・ナンバーやハーモニー・ポップに勝るとも劣らない才能を認めます! 当時「森永チョコフレーク」のCMソングで流された日本での大ヒット・シングル。
Vol.209 No.12 (Serial No.3660)
WPCR 12682
DAISY JANE / ひなぎくのジェーン
3:09 1975
AMERICA
HEARTS / ハート
[JERRY BECKLEY]
ちょっと前「名前のない馬」がCMで流れるのを聴いて「久々にアメリカを聴きまくろう!」なんて思った方いませんか。あたしも 良い曲使うなぁ、ヤラれたぁ・・・と思ったよ。てなわけで随分遅くなったが、そーいや去年買ったよなーと紙ジャケ1枚ゴソゴソ取り出して素敵なナンバーをセレクト。なんとみずみずしくて綺麗な曲なんだ! アルバム・トップにしては大人しいけど、元々大人しい曲ばかりのグループだから関係ないか。3枚目のシングルで全米チャート最高44位を記録。
Vol.209 No.13-14 (Serial No.3661-3662)
PHIL'S SPECTRE III: A THIRD WALL OF SOUNDALIKES
CDCHD 1149
'CAUSE I LOVE HIM
1:51 1964
ALDER RAY
[GARY ZEKLEY]
HE REALLY LOVES ME
2:15 1964
DEBBIE ROLLINS
[BEN RALEIGH / NORMAN MEADE]
PHIL'S SPECTRE III: A THIRD WALL OF SOUNDALIKES
ACE再び参上。そんなに売れたのかねぇという感じで第3弾までリリースされた「フィル・スペクターじゃない人達によるフィル・スペクターのようなサウンド」曲集。ホントによく集めるもんだ、マニアックだなぁ。ってそれを買うヤツも同類か?!?! さて、今号は知名度の高いアーティストやヒット曲が比較的多いので、全然知らない女の子を二人選曲してみました。真っ先にピピッときたハジメテ聴いた曲がこの2つだった、と言い換えてもいいでしょう。1曲目、この弾けるイントロ!どっかで聞き覚えあるんだけど何だったっけね。アルダー・レイはヒットとは無縁と思われるガール・シンガーで、後にThe Delicatesというグループのリード・シンガーとして活動している。尚、この曲自体ダーレン・ラヴみたいだが、彼女はバック・コーラスで参加しており、プロデュースはテディ・ベアーズのメンバーだったMarshall Leibが担当。2曲目のデビー・ローリンズについてはガール・シンガーってこと以外不明。ちょっとベテランぽい(?)ソウル・シンガーといった趣であるが、この曲のメロディー展開は至ってポップ♪ もうちょっと可愛らしいヴォーカルのほうが似合うんじゃないかな、つーかあたしは好みだな。
Vol.209 No.15 (Serial No.3663)
THE COMPLETE HISTORY - VOL.5 FIVE BY FIVE 1964-69 IF SOMEBODY LOVES YOU
DCFCD 7500
LIVE IN THE SKY
2:49 1968
THE DAVE CLARK FIVE
THE COMPLETE HISTORY - VOL.5
FIVE BY FIVE 1964-69 IF SOMEBODY LOVES YOU
[CLARK / SMITH]
デイヴ・クラーク・ファイヴはスマートなイケメン揃いで特にアメリカで人気の高かったマージー・ビート・グループの1つであるが、初ヒットから3年くらいたつと全米ヒットが完全に途絶え、本国イギリスに救われるような形で全英ヒットを飛ばすようになる。この曲は「リパブリック賛歌」(お玉じゃくしあるいはヨドバシの替え歌でお馴染み)や同時期のビートルズ・ナンバーのフレーズなどを交えた愉快なナンバー。アレンジ次第ではハーマンズ・ハーミッツがやっても上手くいきそうなウォーキング・テンポの作風で、いろんなサウンドにチャレンジしていたDC5に益々興味を抱かせる1曲である。
Vol.209 No.16 (Serial No.3664)
PRINCE THE HITS 2
WPCP-5622
PURPLE RAIN
8:41 1984
PRINCE AND THE REVOLUTION
PRINCE THE HITS 2
[PRINCE AND THE REVOLUTION]
今号オーラスは梅雨明け願いのレインソングで超久々にプリンス登場。しかもプリンス&ザ・レボリューションという我々'80s世代には懐かしいグループ名!今号は80'sソングがコレ1曲になってしまったが、軽く2曲分といった長さの大作なので勘弁してもらいたい。この曲は名曲です。この長さでも全くめげないどころかエンディングのインストの感動的な美しさは何回聴いても現を抜かしてしまいます。やっぱりプリンスは天才ですね。本人主演の同名サントラからのシングルで全米チャート最高2位を記録。1位じゃなくて2位名曲!ってのがイイんだナ。
BACKUPNEXT
Vol.209 Special ♪
 
Goody Goody Oldies
50s-80sのステキなOldiesをたっぷり詰め込んだ“通勤用”コンピレーション・シリーズ
Back Number
201 202 203 204
205 206 207 208
209 210 211 212
213 214 215 216
217 218 219 220
221 222 223 224
225 226 227 228
229      
Previous Issues
(Vol.1-200)
Song List (Vol.1- )
1-10 11-20
21-30 31-40
41-50 51-60
61-70 71-80
81-90 91-100
101-110 111-120
121-130 131-140
141-150 151-160
161-170 171-180
181-190 191-200
201-210 211-220
221-230  
Artist Index (A to Z)
A | B | C | D | E | F | G
H | I | J | K | L | M | N
O | P | Q | R | S | T | U
V | W | X | Y | Z |
G.G.O.内をSearch
G.G.O. Artist Top 20
1 THE BEACH BOYS 91
2 THE MONKEES 47
3 THE HOLLIES 41
4 NEIL SEDAKA 40
5 PAUL McCARTNEY & WINGS 32
5 THE ROLLING STONES 32
6 THE FOUR SEASONS 28
7 CLIFF RICHARD 27
7 EVERLY BROTHERS 27
8 THE (YOUNG) RASCALS 26
8 RICK NELSON 26
9 LESLEY GORE 25
10 ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA 22
10 GEORGE HARRISON 22
10 HERMAN'S HERMITS 22
10 RASPBERRIES 22
11 ARABESQUE 20
12 CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL 19
12 ERIC CARMEN 19
12 GARY LEWIS & THE PLAYBOYS 19
13 CHICAGO 16
13 EAGLES 16
14 BAD FINGER 13
14 BEE GEES 13
14 DAVE DEE, DOZY, BEAKY, MICK & TICH 13
14 ELTON JOHN 13
14 PETER & GORDON 13
15 THE BEATLES 12
15 THE 5TH DIMENSION 12
15 GRASS ROOTS 12
15 THE LOVIN' SPOONFUL 12
15 THE TURTLES 12
16 ASSOCIATION 11
16 ELVIS PRESLEY 11
16 JOHN LENNON 11
16 PAUL REVERE & THE RAIDERS 11
16 ROD STEWART 11
17 BAY CITY ROLLERS 10
17 BILLY JOEL 10
17 BOBBY RYDELL 10
17 THE BYRDS 10
17 DAVE CLARK FIVE 10
17 THE SEARCHERS 10
18 BRIAN HYLAND 9
18 JAN & DEAN 9
19 ABBA 8
19 DAWN featuring TONY ORLANDO 8
19 ENGLAND DAN & JOHN FORD COLEY 8
19 FRANKIE VALLI
8
19 GERRY & THE PACEMAKERS
8
19 LINDA RONSTADT
8
19 TRACEY ULLMAN 8
20 BARRY MANILOW 7
20 CHEAP TRICK 7
20 JOHNNY RIVERS
7
20 NEIL DIAMOND
7
20 PAT BOONE
7
 209現在の登場アーティスト数1840組
G.G.O.アイコン
曲のタイトル
演奏時間
リリース(ヒットした)年
アーティスト
アーティスト(インスト)
曲収録CDのタイトル
ソングライター
ジャケ画像は私の持っているCDからスキャンしています。常に最新の1番良いものをご紹介できるわけではないので参考程度にご覧下さい。
ロゴ - No Music No Work Goody Goody Oldies, Forever